【あらすじと感想】4/22放送 仮面ライダービルド第32話「プログラムされた悲劇」

【あらすじと感想】4/22放送 仮面ライダービルド第32話「プログラムされた悲劇」

自分が人間ではないと知った万丈龍我

パンドラボックスを西都から奪ってきた桐生戦兎たち。奪ってきたパンドラボックスを東都の氷室泰山首相に渡して、パンドラボックスを交渉材料にして戦争を終わらせてほしいと頼む戦兎。

一方その頃猿渡一海のスマホには難波重工の内海から着信があり、一海と取引をしたいと言われた。内海は北都の人々を人質に取り、命を助けたければパンドラボックスを難波重工に渡すように要求したのだった。

一海を残して戦兎と万丈龍我の2人がカフェナシタに帰宅するが、カフェナシタにいた美空と滝川紗羽の表情は暗い。何も知らない万丈は呑気にカップラーメンを食べようとするが、そこで自分が人間ではなく地球外生命体の遺伝子を持った存在であることを知らされる。自分が人間ではないという事実が受け入れられず取り乱す万丈。あてもなく夜の街に飛び出してしまう万丈。いつになく落ち込んだ表情で力なく川面を眺める万丈であった。

 

 

北都の人質を解放するローグ

北都の人々を人質に取られて苦悩する一海だったが、北都の人質を助けるために多くの人を犠牲にするわけにはいかない、と北都へは向かわなかった。北都の人質もカシラがなぜ自分たちを助けに来なかったのかを理解していて、カシラのためなら犠牲になると覚悟をしていた。

グリスが現れなかったことにより、人質を始末することを決めた難波重工の内海。ローグに指示して人質を殺させようとするが、ローグは人質の縄を解いて解放する。難波重工を裏切ったローグに対して、内海はローグの体内に埋め込まれた消滅チップを操作しててローグの変身を解除する。

わたくし
いいぞ~寝返っちゃえローグ!!
 

東都から力づくでパンドラボックスを取り返す西都

東都首相の氷室泰山は、手に入れたパンドラボックスを交渉材料に西都首相(難波重工会長)に対して停戦を申し入れるが、難波会長は氷室泰山にはパンドラボックスを使う度胸は無いと判断して、東都からの停戦の申し入れを拒否して力づくでパンドラボックスを奪いに行くと宣言して消滅する。

リモコンブロスとエンジンブロスが難波重工のガーディアン達を引き連れて東都に攻め込んできた。東都政府で北都の人質だった人々と再開を喜んでいたグリスはリモコンブロスたちの元へ向かう。そこに戦兎も到着し、グリスとビルドで西都の侵略を防ぐため戦う。

一方その頃、東都政府にはスタークやローグが到着しており、東都軍との戦いを繰り広げていた。スタークと戦っていたのはクローズ。しかしスタークはクローズを変身解除し、お前は人間ではない、俺と同じですべてを滅ぼすためにある存在だと万丈龍我の心を折るような言葉を投げかける。

しかし万丈はスタークからの言葉には負けず、自分はその力を愛と平和のために使うと宣言して仮面ライダークローズマグマに変身。スタークと戦い始める。クローズマグマはスタークに対して優位に戦いを進め、スタークは逃走した。

その頃東都首相氷室泰山の首相室にはローグが乗り込んでいた。「パンドラボックスはここにはない」と言う氷室泰山を人質に取り、ローグはその場から消滅した。

 

次回予告

次回第33話「最終兵器エボル

究極のドライバーが出現!

スターク「俺は氷室泰山を消せる」

エボルが国も地球も滅ぼす!

石動惣一「ついに戻ってきたー!」

スターク「エボル フェーズワン」
 

感想

北都に人質を助けに行けない時の猿渡一海の苦悩や、自分が人間ではないと知ってしまった万丈龍我の苦悩。人間らしい感情が交錯する、とても良い回だったと思います!

万丈が人間ではないと知った美空の心のゆらぎや、スタークからお前は人間ではないと揺さぶりをかけられた後「自分は仮面ライダーだ」「この力を愛と平和のために使う」と強い意志を見せる万丈龍我など、久々に見た後に爽快感がありました。

万丈のアイデンティティーが揺らぐ→でも俺は俺だ!ラブ&ピースだぜ!みたいな流れは若干「それ戦兎の時も見たな」と既視感がありましたがw
 

あとみんなの記憶から忘れ去られかけている北都おばさんですが、そろそろ新兵器に改造されて戻ってくることを期待しているのですが、来週は新概念「エボル」が出てくるようなので北都おばさんはまだまだ出てきそうにないですね。。

 

前回(第31話)のあらすじと感想はこちら!
 
  

仮面ライダービルドカテゴリの最新記事