【あらすじと感想】5/6放送 仮面ライダービルド第34話「離れ離れのベストマッチ」

【あらすじと感想】5/6放送 仮面ライダービルド第34話「離れ離れのベストマッチ」

エボルによって地球外の毒を注入された戦兎

東都と西都のパンドラボックスを巡る戦いの中で仮面ライダーエボルに殺されてしまった東都首相の氷室泰山。

氷室首相が殺されたことを知ったビルド・クローズ・グリスの3人の仮面ライダーは未知の敵・仮面ライダーエボルと戦闘を繰り広げるが、エボルの圧倒的な強さの前に手も足も出ないビルド達だった。エボルはまず戦兎を始末するべく戦兎の体内に毒を注入した。

地球上に存在しない毒を注入されたため、戦兎の治療は困難を極めていた。そこに石動惣一から着信が入り、戦兎の命を助けたければ万丈龍我・石動美空の二人でカフェナシタに来いと指示された。パンドラボックスと東都にあるすべてのボトルと引き換えに戦兎の命を助けるという石動惣一。

 

 

仮面ライダーエボル フェーズ2の誕生

戦兎の命を助けるために万丈龍我は石動惣一の取引に応じることにした。パンドラボックスの保管場所に到着した石動惣一は、万丈龍我に驚きの新事実を明かす。石動惣一と万丈龍我は同一の地球外生命体「エボルト」だというのだ。そして、そのことに気付いた葛城巧は万丈龍我を殺そうとしたのだというのだ。

仮面ライダーエボルに勝って消せば戦兎の毒は消えると聞いて、クローズとグリスは二人でエボルと戦いを繰り広げる。エボルに倒されてしまったグリスとクローズだったが、クローズは戦兎の命を救うために変身解除された後もう一度立ち上がる。危険な再変身をして戦い続ける仮面ライダークローズマグマ。ついにハザードレベルが5.0に達して仮面ライダーエボルと衝突する。衝突により強い光が放たれた後、現場に残っていたのは万丈龍我一人だけだった。万丈の力で戦兎の毒は消えたが、万丈の姿をした人物の声はエボルトであった。

エボルトの声をした万丈龍我がエボルドライバーを使って変身すると、仮面ライダーエボル フェーズ2が誕生したのであった。

 

次回予告

次回第35話「破滅のタワー

戦兎「パンドラボックスは俺が守る!」

禁断の箱がついに開く!

万丈「戦兎・・・助けてくれ・・・」

エボルト「残念だなぁ」

龍我が世界を滅ぼす!

戦兎「俺は人間を信じてる!」

エボルト「地球は終わりだぁ!」

 

感想

万丈はエボルトに身体を乗っ取られてしまったようですね。

今回は幻徳の出番が少なかったですが(喪中回?)次回からは戦兎たちと一緒に戦うのでしょうか。また、ベルナージュの残された力がどう使われていくのかも興味津々です。

 

前回(第33話)のあらすじと感想はこちら!
 
  

仮面ライダービルドカテゴリの最新記事